文教タイムズ

学年だより6年

11/18木【『日本文化を発信しよう』発表に向けて】

【漢字大会小テスト】

朝根っこタイムは、漢字大会小テスト。

今日で2巡目のテストを終えました。この小テストで満点をとる人が増えてきました。 

この調子で、明日の第2回漢字大会本番に臨み、満点を目指してほしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【国語】

時間割の変更で、1・2時間目は国語になりました。
1校時は、来週の「日本文化を発信しよう」のプレゼンテーションに向けて、ポスターが仕上げっている人から、発表原稿を書いています。

発表の持ち時間は一人1分。原稿を400字ぐらいにまとめて発表すると、ちょうど1分ほどになります。発表内容が400字程度をなるように、黙々と発表原稿を書き上げていました。
自分の関心を持った日本文化の魅力が伝えられるか、が発表のポイントです。

2校時は、漢字の学習。
「漢字のまとめ」のカラーテストを行いました。しかし、今回はプリントとしてです。すぐに解答を渡して自分で答え合わせをし、書けなかった漢字や間違った漢字を確認しました。来週に同じテストを実施する予定。それまでにしっかり全ての漢字を覚えて、満点をとることが目標です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

木曜日の算数は2時間続きです。
習熟クラスの前半は、計算直しと文教中学校の過去問の直しです。過去問の直しでは、今日も分からなかった問題を聞きにくる人が多く、なんとか理解しようとする意欲的な様子が見られます。
後半は、平成20年度の文教中過去問を実施。今日も真剣に問題に挑んでいました。

発展クラスは、総合問題のプリントに取組中。玉井先生の解説を聞くことで、問題へのひらめきがあるようです。

 


TOPへ