文教タイムズ

学年だより6年

12/14水【自分に克つ】

【礼拝・自分に克つ】

水曜日は「礼拝」からスタートです。6年生が務める礼拝係も、2学期の終業式を持って卒業です。毎週、立派な姿で壇上に立ってくれました。

DSCN6295

DSCN6297

校長先生からは、「克己」というお釈迦様の言葉についてお話がありました。

「克己」とは文字の通り「己(自分)に克つ」という意味合いがあります。

6年生は中学受験まで、ちょうど残り1ヶ月となりました。最後の1ヶ月は、あとどれだけもう一踏ん張りできるか、とにかく自分自身との戦いです。

学校生活の中でも、少しでも自分のためになる行いができるよう教室で話し合いました。


【社会・日本の産業の変化】

今日は、第一次世界大戦について学習したあと、日清・日露戦争中の日本の産業について調べました。

DSCN6300

明治維新を進めた日本は、近代化の中で「軽工業」を中心に世界進出をしてきました。

そして日清戦争で勝利した賠償金を使って、八幡製鉄所をつくり「重工業」に力をいれていきます。

そのような産業の変化を、輸入量と輸出量を表す資料やグラフから読み取りました。

 


TOPへ