文教タイムズ

学年だより3年

友達のいいところ

月影の学習で、「うれしく思えた日から」というお話を読みました。
自分にはいいところがない、と思っていた男の子が、友達からの言葉をきっかけに、自分の良さに気付き、その良さをのばしていくというお話です。
読む前に、自分の良いところと気になるところを考えました。
そして、読んだ後に、チームのメンバーの良いところを各自で考えました。
それをチームリーダーがまとめて、その人に伝えました。

最後に、クラス全員にも伝えました。
友達からの「ほめ言葉のシャワー」です。
一人一人、どのように感じてくれたでしょうか。


TOPへ