文教タイムズ

学年だより4年

4/12木【国語・昼ねっこ】

国語は、言葉の準備運動で、『ばらばら言葉を聞き取ろう』という学習をしています。
例えば、『にわとり』と言う言葉をばらばらにして、1人一音ずつ、『に』『わ』『と』『り』と『いち、にの、さん』で4人で一緒に言います。
何と言う言葉なのかを当てようと、みんな真剣に聞いていました。

聞き取るのが難しくて、何回かくり返し言ってから、やっと正解がでることもありました。

国語の時間に少しずつ集中力を高めるために取り入れていきたいと考えています。




昼ねっこは、自分で選んだ3けたの数からひっくり返した数をひき算したり、たし算したりして繰り返して計算すると、必ず答えが1089になる不思議な計算です。
計算が終わると『やっぱり、1089になる。』と子どもたちからうれしそうな声があがります。
計算すると、答えが1089になるので子どもたちは興味を持って、取り組んでいます。




TOPへ