文教タイムズ

学年だより4年

11/1木【疏水路をたどって小関越え!】

爽やかな秋空の下、小関越えに行ってきました!

京津線を乗り換え『三井寺駅』に降りた4年生。

明治の大事業『琵琶湖疏水』をたどる遠足の始まりです。

目指すは、向こうに見える『長等山』。

トンネル工事の難所を実感して参ります!

その前に、琵琶湖の水を取り入れる「取水口」をチェックすることに…こちらが第1取水口。

こちらが、第2取水口。

トンネル状になった取水口の反対側には…琵琶湖が広がります。

大津閘門(おおつこうもん)では、水位の調整を行う“門”をチェックし、みんなは、探検バッグの記入を始めました。

2つの取水口のことや、

大津閘門のこと、

勢いある水の流れに、思わず見入ってしまいます。

さあ、いよいよ長等山を目指します。

今歩いている下を、疏水が流れている…

上へ上へと目指します!ジャージを脱ぎたくなるほど、上ると…

第1たて坑が見えてきました。難所・長等山トンネル工事には、このたて坑が大変役に立ちました。ここから、現場に向かう方達が出入りし、仕事の効率を上げる工夫をされたと学習しました。
「思った以上に大きい!」と声が上がりました!

実際に見に来た甲斐がありました。

こうして、疎水が流れる横を、上を歩き続けました。

この辺りは、大津と山科の境。

疏水は、私たちよりぐんと下の方を流れています。

ところが、10分ほど歩くと、もう私たちのそばを流れています。

これだけ、下ってきたのだな、と実感します。

気づけば、四ノ宮まで来ていました。

こちらは『四ノ宮舟溜(ふなだまり)跡』。

疏水を使って、船便の運搬が盛んに行われていたところです。と、京都側のトンネルから…

観光船の光が見えてきました。

大きなエンジン音とともに、疏水の流れに逆らって上流・大津方面に向かっています。

水しぶきが、逆走!?を語っています。

ご覧ください!この波!

昔は、手こぎで上流を目指していました。

ロープを張り、たぐるように上がる方法も取り入れ、3時間かけての船便だったそうです。

お弁当タイムで~す!
「まだですか?」と何度尋ねられたことか…

パワー注入で、ここからは「蹴上げ」から「南禅寺・水路閣」を目指します!

疏水路をたどる…と、意気揚々でスタートしたものの…そろそろ足下がヘロヘロの様子…

それでも、歩みは続きます。

すると、行きの京津線から眺めた「京阪山科駅」が、左に見えてきました。

「四ノ宮」から「山科」、そして「日ノ岡」へと進んでいることがわかります。

第2トンネルまでやって来たところで、何やら香ばしいおせんべいのにおいが…

第2トンネルのそばの広場に、“桂の木”が見事に葉を広げていました。

香りの正体は、その落ち葉だったのです。

休憩をかねて、しばし“秋みつけ”タイムとなりました。

休憩後も、まだまだ続きます、疏水の道は…

新山科浄水場です。

大津側から観光船が戻ってきました。

観光船が過ぎたあとの波は穏やかです。

下流に向かっているので、動力なしで静かに進んでいきました。

ここは、疏水を渡る橋です。

何と『日本初の鉄筋コンクリート橋』。

橋からは、第3トンネルが見えます。

橋を下りてさらに進むと…

「御陵」の街道を横切る道に出てきました。

歩き続けるみんな。すると『蹴上げ浄水場』が見えてきました。

6月の暑い日、社会見学に出かけた見覚えのある建物です。

“「疏水ものがたり」の水”をもらったところですね。

浄水場を背に、山手に上がっていくと、“インクライン”に出会いました。

建設の関係で、どうしても段差が発生します。

その課題を解消するため、水力発電で生まれた電力を使って、線路を敷いた上に台車を走らせ、舟を水路に乗せる仕組みを思い出すことができました。

インクラインの横には、工事で亡くなった方々の慰霊碑が建っていました。

帽子を取り、同称十念を行いました。

インクラインの線路を越えると…

“若きリーダー”の姿が!「イケメンやん!」と女子の声が聞こえてくるようです。

大工事の構想から実施をリードした“リーダー・田辺朔郎”像の前で集合写真を撮りました。

疏水路の観光名所・南禅寺の「水路閣」にやって来ました。

このレンガ造りのアーチの上に水が流れています。

のぞきに入ってみたところ…

水の流れは、山側(上)からではなく、坂の下から上に向かって流れていました。

用水路として使われる歴史を持つ水路閣。

周りは、秋色が始まっていました。

アーチとアーチの間を見学した男子…「ここ住めるやん!」。えっ!?

さあ、本日のゴールが近づきました。

「疏水記念館」を背に、インクラインのスタート地点を通過しました。

疏水工事を支えた姿をイメージした、力のオブジェをバックに、学校までの道のりを歩きました。

元気をなくした明治初期の京都に、活気を取り戻そうとした人々の思いや苦労を味わうことができた、今回の遠足。

大津の皆さんの理解があって完成につなぐことができたことも、よくわかりました。


TOPへ