文教タイムズ

学年だより4年

5/20月【蹴上浄水場見学】

子ども達も、心待ちにしていた浄水場見学。
雨が心配されましたが、皆の願いが届いたのか、小雨がぱらつく程度で、予定通り見学できました。

まずは、屋内会議室にてDVDを見て、職員の方から浄水場の主な働きの説明を受けました。

そして、いざ、屋外の施設見学へ。

「薬品沈殿池」「ろ過池」など、たくさんの「池」。
水の流れる音、注入される薬品のしずくの音を自分の耳で聞き、また、一つの役割の「池」が最高で14も並んでいるのを自分の目で確認し、広い浄水場施設内を自分の足で歩き……と机上の学習だけでなく、体験を伴って五感を通して学ぶ貴重な機会を得られました。

見学を終えて、屋内に戻る際、「『できたてほやほやの水道水』が飲めますよ!」と職員の方から教えられ、浄水機の水を飲ませていただきました。
「おいし~い!」「冷たくっておいしい!」と喜ぶ子ども達でした。

残念ながら体調不良等で見学できなかったお友達に、見学できた子達自身が見聞きし感じたことをしっかり伝えてほしいと思います。

「蹴上浄水場」といえば「ツツジ」を思い浮かべる方も多いと思います。
あのツツジは、傾斜面が崩れないよう、植えられたとのこと。なんと約4800本もあると教えていただきました。全ての施設に意味があることを改めて学び、また、毎日安全な水が飲めることを心から感謝、実感できた見学でした。

 


TOPへ