文教タイムズ

学年だより4年

6/26水【空気でっぽう】

今日は水曜日ですが、6年生が沖縄総合学習(宿泊)のため、朝の礼拝がありません。いつもとは違った水曜日の朝です。通常、礼拝の日は制服のままで礼拝に参加しますが、今日は、体操服に着替えます。でも、外遊びはせずに、教室内で読書をしたり、宿題のお直しをしたり、折り紙をしたり…と静かに過ごす朝でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
理科授業では、閉じ込めた空気を押すと、空気の縮んだ体積が元に戻ろうとする性質をつかう「空気でっぽう」で遊びました。

何度も玉を飛ばして、空気の性質を体験し、その後プリントには、「空気でっぽうの仕組み」について、空気を粒として考え、どのように玉が飛んだのかを考えてまとめました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
体育授業では、練習してきた「ソフトバレーボール」の班対抗戦を行いました。試合・勝負となると、目の色が変わります。体育館の熱気は最高潮。ラインマンや点数係も自分たちで行い、「アウト!」「イン!」の声に混じって、「ナイス!」など励ましの声も飛び交うのが、とてもさわやかでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、6時間目の最後に、琵琶湖自然教室(宿泊学習)の部屋割・メンバーの発表です。皆、喜々として、班長、生活係などの役割を決めました。子ども達が、自然教室を心待ちにしている様子がはっきりと見えたひとときでした。


TOPへ