文教タイムズ

学年だより4年

10/8火【さあ、気持ちを引き締めて】

運動会が終わりました。水泳学習が終わってから、本当に全力投球を続けてきました。本番は、みんなが納得のいく「文教ソーラン2019」の演技を披露できました。また、競技では、力が入りすぎて失敗した場面あり、反対に練習の失敗が生きて本番成功した場面あり。競技のそれぞれも、ドラマがあり、練習時以上に盛り上がりました。
天候にも恵まれ、特に午後の日差しは厳しいくらいでしたので、かなり疲れたと思います。代休明けの今日、元気に、朗らかに登校してくる子ども達を見て安心しました。

「運動会へのひたむきながんばり・努力をこれからに活かそう!」と声をかけて始まった本日は、運動会前の熱狂的な雰囲気ではありませんが、気持ちを引き締めて学習しました。

音楽授業では、リコーダーと合唱で「ソーラン節」を奏でました。「文教ソーラン」の激しさとはひと味違いますが、親しみを持って練習しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
理科授業では、月の動きを調べてくるという宿題をもとに、月の動きを学習しました。夕方以降にしか本物を確認できないので、しっかり宿題をしたかどうか、が大切です。残念ながら忘れてしまった児童には、月の見える晩にチャレンジしてもらいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、運動会当日にお誕生日を迎えたお友達、明日に誕生日を迎えるお友達を、給食時にお祝いしました。誕生日係だからとはいえ、もらう人のことを考えて、手作りながら凝ったものを用意していて、どれを選ぼうか?と2人とも嬉しく悩みながらプレゼントを選んでいました。

今後、天候は崩れていくようですが、気持ちは崩さず引き締めて、明日からも過ごしていきます。

 


TOPへ