文教タイムズ

学年だより4年

12/11水【朝から気持ちは…】

【みんなで喜びを分かち合って】
今日は水曜礼拝の日です。礼拝のあと、夏休みに四年生全員がチャレンジした、「京都新聞・小中学生新聞コンクール2019」において「優秀賞」を受賞した児童の表彰が行われました。「愛される三条商店街」と題して、インタビュー記事あり、実際に訪れてのレポートありで、なんだか読んでいるこちらまで、心が温まるような記事内容でした。全校みんなで喜びを分かちました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【表彰と音読タイム】
今、体育科授業では、ポートボールのチーム対戦が行われています。朝登校するなり、「今日は、○○くんは、パス役で…。」「ぼくが、~~するから…」など、戦略を話し始める男子もいます。
さあ、いよいよ授業での対戦です。

それぞれのチームが作戦タイムに攻め方・守り方などを相談し、試合スタート!!

今までは、ボール運動の得意な子がボールを大半持っていて…という面もありましたが、今は,パスをうまく使えるようになっています。パスを受ける側も、相手チームのいないところへ上手に動き、パスを受けられるようになってきたからです。

見ているこちらが、思わず「ナイスパス!」「ナイスシュート!」「ナイスカット!」声を出してしまう面が多々ありました。

先日、行った子ども達のふり返りの中で「ぼくが試合中に失敗しても、○○くんは励ましてくれた。ありがとう。」というものもありました。

勝利を目指すには、不得意な仲間への声かけ、それぞれの得意なことをつないでポイントしていく、または、相手チームのポイントを防ぐことが大切だと理解できてきました。色々な場面で、そうであってほしいと願います。

 


TOPへ