文教タイムズ

学年だより4年

11/20火【目の不自由な方と接したら…】

これらは最近、地下鉄構内でみかけるポスターです。

今日は、月影共生の時間に、視覚障がいについて理解を深めるため、アイマスク体験をしました。
アイマスクを使って、以下の②点を体験しました。
①折り紙を折る
②廊下を歩く

【折り紙を折る】

【廊下を歩く】

アイマスクをしている人にとって、ガイドの声かけがどれだけ大切か、身をもって体験しました。
日本盲人会連合によると、目の不自由な方は全国に34万人もおられるそうです。
(うち弱視の方は7割にあたる24万人。だから、点字ブロックの色も見やすい黄色がいいことにも気づきました。)
もし、みんなが目の不自由な方と接する機会がある場合、今日学んだことを思い出して、自分にできることを考えてみてください。
来週は、盲導犬について学習し、学びを深めていきます。


TOPへ