文教タイムズ

学年だより4年

「蛇口の向こうに」

今日は朝から、蹴上浄水場へ見学に行きました。この日の朝も当たり前のように使ってきた水が、どこからやってきて、どのように私たちの家や学校まで届いているのか。当たり前の向こうにはたくさんの驚きが待っていました。

蹴上の坂を上り、高所にある浄水場へ。「うわっ広っ!」

到着後、会議室にて浄水場の説明を受けました。琵琶湖の水の特徴や原水がどこを通るのか、どうやって水をきれいにするのか、原理も詳しく教えていただきました。

さて、待ちに待った施設の見学へ。

山を切り開いて作られた浄水場には、土砂崩れ防止のためにツツジが植えられていました。その数何と…!!春にはたくさんの花が美しく色づきます。

最初は、第2疎水を通ってきた原水のにおいをとる施設。「きたないなぁー」と言う声がたくさん聞こえてきましたが、においをとるために「あるもの」を使っています。だから黒い!!なるほど!!

次は、薬品を入れ、水中に漂うゴミを集めます。消毒とゴミ集め。ゴミはかたまり(フロック)となり、傾きのある板をスライドしながら効率的に沈殿していきます。

きれいな上澄みの水は、その後、砂と砂利のろ過装置できれいにされます。
今日は、ろ過の際に砂に付いたゴミを洗浄する様子を見学できました。
ろ過した水をもう一度下から押し上げ、水を循環させて砂をこすり合わせて汚れを取っていきます。汚れが浮かび、だんだんときれいになる水をみて、みんなびっくりです。

「めっちゃ冷たい!!おいしい~!」
最後は、作られたばかりの水をいただきました。

ろ過時に使用されている砂利など。なんと淡路島の川砂を使われているそうです。

この浄水場の高区配水池から、文教小学校へ水が届けられている事を知り、さらに琵琶湖から原水がやってくるルートが知りたくなった4年生。でもその前に、使う水ではなく、使った後の水の行方を学習していきます。お楽しみに。


TOPへ