文教タイムズ

学年だより4年

「味を見るって…、味って見えんの??」

「あがる」「つく」「とる」など、文の中での使われ方によって、意味が変わってくる言葉がありますね。例えば「見る」。山を見る、人を見る目、いたい目を見る…。このように多くの意味を持つ言葉を多義語といいます。今日は国語辞典を使い、それぞれの意味を確認しました。来週は多義語を使って言葉遊びの詩を作ろうと計画しています。

休み時間には、イベント係による「じゃんけん大会」。さっとできてとてもシンプルなゲームですが、気持ちを込めて作ってきてくれたメダルを目指し、大盛り上がりをみせました。
発表会後、各係で相談し、新たな企画を考えてくれています。次は何が行われるのか楽しみです。

また、顔をくっつけてこま遊び。雨の多い時期は、お互いの距離感も変わってきますね。こちらも夢中です。


TOPへ