文教タイムズ

学年だより5年

5/22水【カラフルコンビネーションサラダ作り】

家庭科の調理実習を行いました。
 
 
調理名は、その名も“カラフルコンビネーションサラダ”。ネーミングどおり、明るい彩りのお野菜を使ったゆで野菜サラダ作りです。
 
 
事前学習で、野菜の茹でる前と茹でた後の「かさ」や「色」等の変化を予想したり、ECOな活動を目指すため、洗い物を少なくする材料準備を行いました。
 
 
分量や手順を確認した後は、いよいよ「切る・茹でる」の実習です。
 
 
にんじんは、“半月切り”と学習しました。平らな切り口を生かし、まな板の上で安定させて切り分けます。慎重に…
 
 
こちらは、ブロッコリ-。森のような(!?)房を切り分けるのに、包丁の先を使っています。いい感じ!
 
 
キャベツだけは、1枚を茹でた後に切ります。にんじん→ブロッコリーと茹でた鍋の湯を残し、最後にキャベツの番がやってきました。
 
 
調理実習の大事な目当ては“安全”です。火加減・やけどに注意して取り組んでいます。
“協力して”も目当てのひとつ。
 
 
声を掛け合って進めています。
 
 
完成の目途が立ったところで、給食の配膳準備をしに抜けてくれたメンバーがいます。その間に、いよいよソース作りです。
 
 
“フレンチソース”作りのための調味料をボウルに合わせています。
 
 
ドレッシングの基本形を理解できる、フレンチソース。味の決め手は…こしょうらしい!?
 
 
ソースの味見を…ベリーグッ!ですね。
 
 
盛り付けの工夫も学習の内。“カラフル”が演出されています。さあ、いただきましょう!
 
 
片付けは、できるだけ作業と並行に!を合い言葉に活動してきました。後片付けまでが実習です。
 
 
油ものと水洗いだけでできるものを分けて、作業が進みます。
 
 
手分けして、活動を進めてくれました。見事、ピカピカに!
昼根っこタイムには、実習のふり返りを行い、茹でた後のブロッコリーの緑が鮮やかになったことや、我がチームの“MVP”を選出し、その理由を記入する学習を進めました。
「○○さんが、よくリードしてくれた」「○○くんが、いろんなことを知っていて、僕たちにはっきりと指示をしてくれた」などと、仲間の姿を讃えてくれました。
次回からは、裁縫学習です。5年生の皆さん、裁縫セットを使いますよ~早く持ってきてね~
 
 

TOPへ