文教タイムズ

学年だより5年

11/25月【音楽・フォルクローレの世界】

5年生では、“フォルクローレの音楽の世界”に親しむ学習に取り組んでいます。

「フォルクローレ」とは、ペルーやボリビアなど、南アメリカ大陸に位置するアンデス地域に広がる民族音楽のこと。♪コンドルは飛んでゆく♪が、大変有名な曲です。

世界の音楽を鑑賞したあとに、このフォルクローレを感じさせる♪風とケーナのロマンス♪という曲に出合いました。

はじめのころは、リコーダーでのメロディー奏を練習しました。ソの♯(シャープ)に苦心しましたが、やさしい音色で美しく吹いていました。

その後、アルトパートの響きを加えると、さらにその美しさが増し、フォルクローレを代表する♪コンドルは飛んでゆく♪以上に、親しみが湧いてきました。

先週からは、低音パートの練習を始め、鍵盤ハーモニカの力を借りて、厚みのある響きを作り出してきました。

そして今日は、グループ奏に挑戦しようと取り組みました。メロディーと低音パートのハーモニーをいかに作っていくか…楽器のバランスを工夫し練習しています。

たっぷりとフォルクローレの世界に慕ってほしいと思います。

 


TOPへ