文教タイムズ

学年だより6年

1/16木【和太鼓の基礎打ちその2&のびのび体育】

【和太鼓の基礎打ち その2】

昨日に引き続き、和太鼓の基礎打ちに取り組みました。
“ドンドコドン”のリズムは、右・右左・右と打つ場合と、

右・左・右・左と交互に打つ場合があります。

今日は、そのポイントに注目し、打ち終わった後の腕の上げ方(伸ばし方)を意識する練習を行いました。

腰を落とす、膝の曲げ伸ばしでリズムを取るなど、全身を使って“打ち込む”姿が多く見られるようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【のびのび体育】

こちらは、体育の時間です。輪になって、準備体操を行いました。一人ずつ体の動きを指示し、掛け声を出しての準備体操です。「けがの予防につながる!」が大きな目当てです。

グラウンドでは、サッカーを。

男子の大迫力のボールにも臆することなく、果敢に向かっていく女子の姿がすがすがしく感じました。

体育館では、バドミントンを行いました。ネットを立てて、長く打ち合う練習をしたあとは…

1対1や、2対2のペアでの対戦をするなど、得点板を出して、本格的な雰囲気を楽しみました。もう汗だくで。

週末の大本番に向け、“けが”を心配しつつ、思いっきりの体育を過ごしました。のびのびと活動できました。

 


TOPへ