文教タイムズ

お知らせ

6/5金【*重要*文部科学省の通達】

令和2年6月5日

保護者様

京都文教短期大学付属小学校
校 長 藤 本 哲 也

 早速ながら、以下の書面につきまして、文部科学省初等中等教育局から全校種に向け、各ご家庭への広報を依頼されておりますので、お知らせいたします。

*******************************************

 

文部科学省初等中等教育局

「新しい生活様式」を踏まえた家庭での取組について(協力のお願い)

 令和2年5月22日付けで発出した「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~」においては、
「学校の臨時休業中においても子供の感染事例は一定数生じており、その多くは家庭内での感染と言われています。学校内での感染拡大を防ぐためには、何よりも外からウイルスを持ち込まないことが重要であり、このためには各家庭の協力が不可欠です。」
とし、学校と家庭の連携が学校内での感染拡大防止のため必要であるとの考えをお示ししております。
 今般、公益社団法人日本PTA全国協議会等に対し、各家庭における「新しい生活様式」を踏まえた取組の御協力について保護者の方々等へ呼び掛けていただきたいという趣旨で、別添の通り事務連絡を発出しました。

○ 御家庭全体で「新しい生活様式」を実践していただき、感染症対策に取り組んでいただくようお願いいたします。
・学校生活の中でいかに感染防止を徹底しても、仲の良い友人同士の家庭間の行き来や、家族ぐるみの交流を通じて感染が拡大してしまうと、学校全体の教育活動ができなくなってしまうこともあります。特に会食の際には対面を避けるなど、「新しい生活様式」を参考にして工夫いただき、学校の外でも感染が広がらないように御配慮をお願いいたします。

○ 学校での集団感染を防ぐために、お子様の登校を控えるべき場合について御理解いただき、御家庭においても御協力いただくようお願いいたします。
・毎日、登校前にお子様の健康観察(発熱等の風邪症状の有無の確認)をお願いいたします。
・感染がまん延している地域においては、学校からの依頼に基づき、同居の御家族に発熱等の風邪症状が見られる場合にも、お子様の登校を控えるようお願いいたします。

(別添)「新しい生活様式」の実践例 (pdf)

(参考)「新型コロナウイルス感染症対策」(pdf)

 

 


TOPへ