文教タイムズ

文教トピックス

4/17火【給食・韓国語講座】

【給食】
今日の献立は「ぎょうざ、春雨サラダ、チンゲン菜の中華スープ」でした。
チンゲン菜、玉ねぎ、干ししいたけの入ったスープは、とりがらでだしをとって、しょうゆや塩で味つけします。 干ししいたけのうまみ「グルタミン」もたっぷり入ったおいしいスープになりました。

【韓国語講座】

今年度の「韓国語講座」が始まりました。火曜日の放課後に、3年生を対象にして実施しています。3年生は、国語科や国際理解学習の授業で、韓国について学習します。 講座では、韓国語の初歩や、韓国文化を知る学習をします。 韓国の場所や地名など、いろいろなことを知った子ども達。 「平昌オリンピック・パラリンピック」のことをよく覚えていました!

ペアで、韓国語のフレーズを学習しています。 「アンニョンハセヨ(こんにちは)」 「マンナソ パンガプスムニダ(はじめまして)」 「チョヌン ~ イムニダ (私は~です。)」

韓国のお金を見せて頂きました。 一万ウォンの紙幣から、ハングル文字を作った世宗大王のことを知りました。 「ぼく、もう覚えた!」という、元気な声が聞こえました!

韓国の先生との直接交流を通して、韓国の文化や言葉に慣れ親しみ、広い視野と高い人権意識が育ってほしいと願っています。


TOPへ