文教タイムズ

文教トピックス

12/17月【児童会本部のチャリティ募金報告】

今回は、児童会本部が中心になって実施した「チャリティ募金」報告についてです。

児童会本部メンバーが、先週末の給食の時間に各教室のスクリーンを通して、全校生に募金金額などを報告しました。その様子をご紹介します。

その前に、先週水曜日にホームページでもご紹介した打ち合わせと録画の様子です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「月影祭バザー」で活動したチャリティ募金の報告をしようと打ち合わせ中 ↓

報告の様子をビデオ撮りするために、表題の準備も始まりました。

それぞれにセリフの練習を行っています。

5テイク以上は撮ったっけ!?

この模様は、今週の金曜日、給食時間に放送します。募金へのお礼と各団体への寄付金額の紹介をいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして、先週金曜日の給食中に、全校生が各教室で録画した映像を見ました。

バザーでの募金金額を伝えるとともに、募金に協力してくれたお礼を全校児童に伝えました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今、1階廊下に「募金の感謝状」を掲示をしています。
こちらは、関西盲導犬協会からのワンちゃんの写真とお手紙です。

11月27日(火)に、4年生が関西盲導犬協会のゲストの先生と盲導犬をお迎えしました。
そして、訓練の様子や、盲導犬の働きについて教えていただきました。

盲導犬は、目の不自由な方に無償で貸与されています。かけがえのない存在である盲導犬の育成が、目の不自由な方が行きたい場所に安心して行ける社会、目の不自由な方が自分らしく暮らしていける社会の実現につながっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらは、日本ユニセフ協会からの感謝状です。

難民キャンプに逃れている子ども達、学校に行けない子ども達、病気で苦しむ子ども達・・・
世界中のすべての子ども達が【健康に、平和に暮らせる世界】を目指して活動を続けているユニセフです。

文教キッズの募金活動が、たいへん意義ある活動となりました。
これからも、より良い社会・より良い世界になるように、今後もこの募金活動を続けます!

ご協力を頂いたみなさん、ありがとうございました。

 


TOPへ