文教タイムズ

文教トピックス

7/29木「海プロ通信」8

京都府と長野県の「海プロ参加者交流会」では、【サバ缶】のデザインを一人一人が考えて、画用紙に書きました。

交流会の最後は「海を守るために私たちができること」の発表会です。

グループで話し合った結果を、合同チームでそれぞれ発表しました。

予定していた全てのプログラムを終えて、京都へ帰ります。

1泊2日の中で、いろいろな体験や見学をすることができました。また、長野県から福井県小浜市にやってきた同じ海プロ参加の小学生との出会いもあり、実り多い濃厚な2日間だったと思います。

皆さん、お疲れ様でした。

**********************

海と日本PROJECT【日本財団】 (uminohi.jp)

 

 

 


TOPへ