文教タイムズ

文教トピックス

7/30火【海pro調査隊④】

京都府水産事務所を後にして、次に京都府栽培漁業センターを見学です。

水産資源を守る取り組みとして「栽培漁業について調査!」ミッションです。

写真は、アワビの成長について標本を見せて頂いているところです。

京都府では、毎年アワビ稚貝を18万個以上生産し、放流していることを知りました。

センターの施設見学にも出掛けました。
早速、昨年末より育てているという「アワビ」見せて頂きました。

こちらは、サザエ。

京都府では、15mmのサザエ稚貝を35万個以上生産しています。

たくさんのサザエと、それらを大事に育てていることに、驚きの文教キッズ!

実際に、触らせて頂きました。

にょきにょきと動く様子に感激していました。

海面のいけすも見学しました。

60cm以上はあったでしょうか。

大きく育った養殖のマダイを見ました。

そのマダイに「餌やり」をさせていただきました。

マダイがエサに食らいつく様子に、びっくりです!

また、5cmにまで成長したマダイの放流体験もさせて頂きました。

これから育て親の裁判漁業センターを離れる小さなマダイ達…

文教キッズ一人ひとりが「元気でね~!」と声をかけて放ちました。

ここから、実際に捕獲できるのは、わずかな割合だそうです。

その後、京都新聞の取材を受けました。
明朝に掲載されるそうですので、ぜひご覧下さい。

今回の学習で、工夫された資源管理と、いろいろな苦労があることを知ることができました。

 

 


TOPへ