文教タイムズ

文教トピックス

12/5火【月かげ集会】

[月かげ集会]
今日の月かげ集会は、三部構成で実施しました。

第一部は児童会総会です。
「考えよう、文教キッズの人権と行動を!」をめあてとして取り組みました。

第一部ステージ1では、「4つのいやなこと」を考えました。

子ども達からたくさんの意見が出ました。

第一部ステージ2では、文教キッズの行動を振り返りました。
ここでも、子ども達は学年を問わず、積極的に意見を発言していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第二部は、各学年の人権アピールを、ロールプレイとともに発信しました。
[1年生] 『自分も楽しい みんなも楽しい 学校生活』

[2年生] 『一番いやなのは しらんぷり!』

[3年生] 『一人一人の気持ちを考えて 見ている人ができること』

[4年生] 『みんなが自信をもてる言葉がけ』

[5年生] 『正しい心・利他の心で 仲良く学校生活を送ろう』

[6年生] 『仲間の言葉を大切にする』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第三部では、「ふわとげ言葉を考える会」として、各学年が事前の学級活動で考えた「ふわふわ言葉」を紹介しました。
そして、全校に広めたい言葉、仲間に言いたい言葉を考えました。

児童会本部は、各ステージでみんなの意見を集約して、代表としての意見を述べる等、進行役としてがんばっていました。
また、「ナイス切符キャンペーン」を提案しました。
廊下でのマナーに加えて、「ふわふわ言葉」を学校中で増やしていこうとするねらいがあります。
ぜひ「ふわふわ言葉マスター」になってほしいです!

最後に、校長先生からお話がありました。

月かげの心、仏の心を通して、人権に意識の高い文教キッズになってほしいと願っています。


TOPへ