文教タイムズ

文教トピックス

12/22金【礼拝終業式・「今ささぐ」】

【礼拝・終業式】
今日は2学期の終業式です。
はじめに、いつものように礼拝を行いました。
次に、校長先生から2学期の振り返りと冬休みの過ごし方、また、お節料理の意味を一品一品教えてもらいました。
ごぼう、黒豆、だて巻き、かまぼこ、えび、田作り・・・。
1年生は、お正月やお節を学習したり、発表会で劇を披露しましたから、きっと心の中で「うんうん」と、うなづいていたことでしょう。
他には、門松やお年玉の起源の話もあり、興味深く聞き入る文教キッズでした。

式の終わりに、全員で校歌を斉唱しました。

「今ささぐ」
学園正門表に「今ささぐ」の詩が掲示されています。
校長先生が書いたもので、いつもの礼拝では仏教聖歌を歌っています。
詩の終わりに、以下の校長先生のメッセージが書かれています。
----------
生かされて 生きる
より意義深い今日の
一日となりますように
----------

今年一年、数多くの学校行事や保護者会行事を支えてくださいました保護者の皆様、子ども達の成長を温かく見守っていただき、誠にありがとうございました。
来る年も、皆々様にとって幸多い年となりますよう祈念申し上げます。
どうぞ よい新年をお迎えください。


TOPへ