文教タイムズ

文教トピックス

9/13水「礼拝」「給食」

【礼拝】
今日の校長先生のお話は、川から流れてきた見たこともない果物のお話でした。
舞台はネパールの南の村。
村人達が長老より話をうかがうと、果物の木の特性や名前について教えてくれました。
また、それが「神様の使い」と呼ばれる果物であることも知りました。
そこで村人達がその果物を求めに川上まで行ってみると、お猿さんの集団がいました。
村人は、その果物をとても欲しかったにちがいありません。
しかし、村人達はお猿の大家族の暮らしぶりや様子を見て、「果物はお猿さん達のものだ」と感じ、静かにその場を去ったとのことです。
今日も文教キッズは、きっといろいろと感じたり、考えたりしたことでしょう。
実り多い学習でした!!

【給食】
今日の献立は「さばの竜田揚げ・キャベツとわかめのサラダ・五目豆」です。
大豆には、たんぱく質やビタミンB1が豊富です。
ビタミンB1には、体の中で糖をエネルギーに変えてくれる働きがあり、体を元気に動かすために必要な栄養素です。
不足すると疲れやすくなります。
五目豆のようにすれば、量もたくさん食べられるのでおすすめです。


TOPへ