文教タイムズ

文教トピックス

10/11水【礼拝・応援団・給食・英語週間】

【礼拝】
今日の校長先生のお話は「一滴の水」という題です。
ある草原と森に、仲良しの動物達が住んでいました。
文教キッズと同じで、仲良く楽しく、助け合って、笑顔よく、声をかけ合っていました。
ところがある時、大きな自然災害に遭います。
火が勢いよく広がりますが、一匹のオウムが近くの泉に飛び込んで、上空から体の水を落とします。
ほんのわずかな水なので、火の勢いは止められません。
しかし、仲間の鳥たちが多数集まり、一緒になって、力のかぎり水を運び続けました。
長い時間がたって、ようやく火がしずまりました・・・というお話です。
校長先生からお話を聞いた子ども達は、
「校長先生が私たちに伝えようとされたのは、一滴の水でも心と力を合わせて、あきらめずに続ければ、大きなことを成し遂げられるということかな。」「はじめに行動をとったオウムは、勇気があるなぁ。」などと感じたことと思います。
お話から得たことを、今後の学校生活にいかしてほしいです。

【応援団】~振り返りと解散式~
日曜日の運動会で完全燃焼した応援団。
今日の中間休みに集合して、振り返りの時間を持ちました。
そして、今回経験して得た「けじめのある態度」や「全力で立ち向かうこと」を、日々の生活に役立てていくことを確認しました。
最後に、互いに”Good game!”で握手し合い、健闘を称え合いました。

[赤組]

[白組]

【給食】
今日の献立は「焼き餃子、きんぴらごぼう、中華スープ」でした。
ごぼうは、たわしでしっかりこすって、土や汚れを落とします。
味つけするときは、人参をコンベクションオーブンで別に蒸して、後から混ぜ合わせ、色や食感が残るように工夫しました。

【英語週間】
今週は英語週間です。
今日は昼休みに、英語で鬼ごっこ「パンサーとレオパード」をしました。
体育館で、声がいっぱいに響いていました。


TOPへ