京都文教短期大学付属小学校

  • トップページ
  • 学校紹介
  • 本校の特色
  • 教育カリキュラム
  • 年間行事
  • 児童募集
  • アクセス

保護者専用ページ | いじめ防止基本方針 | 教員募集 | プライバシーポリシーについて | お問合せ

文教だより

学校からのお知らせや、学年ごとの活動についてお知らせします。

学年だより

2016年度≫
1年生
1年生「ありがとう茶会」
1年生「ハートタイムⅢ」
1年生「畳の上で…」
1年生「作品展・鑑賞会」
1年生「鑑賞会&礼法」
1年生「お店屋さんごっこ他」
1年生「手作りおもちゃ」
1年生3学期の始まりです!
1年生《ハートタイム》
1年生《6年生と大根引き》
1年生《造形遊び》
1年生《てくてく遠足》
1年生《おもちゃランド》
1年生《班長さんと大根たねまき》
1年生《今週のニュース2》
1年生《今週のニュース》
1年生《交通安全教室》
1年生《学校探検》
2年生
2年生《二十日大根、いただきます!》
2年生《おいしい!やきいも》
2年生《さつまいもの収穫》
2年生《ぼく・私の好きな漢字》
2年生《校外学習》
2年生《おもちゃランド》
2年生《みんなでつくるお楽しみ会》
2年生《学びと力の発表会Ⅰ-3》
2年生《学びと力の発表会Ⅰ-2》
2年生《学びと力の発表会Ⅰ-1》
2年生《さつまいもを育てよう!》
3年生
3年生「フランスの文化に触れて」
3年生《スクラム劇「三年とうげ」》
3年生《国際理解学習「チヂミ作り」》
3年生《韓国の文化に触れて》
4年生
4年生「スコットランドの文化に触れて」
4年生《盲導犬の学習》
4年生《小関越え遠足》
5年生
6年生
2015年度≫

2015年度・3年生《3Rとは・・・~ゴミ処理場の見学②~》

【さぁ クリーンセンターの中へ】
3Fでは、まずセンターのキャラクターの紹介と、どうしてゴミの処理に工夫が必要なのかを考えました。ただ、燃やせばいい、という考えでは、地球の未来が危なくなる。だからこそ、私たちはゴミについて学ばなければならないのだ!と。
地球の未来を守るためには、3つのキーワードがある、ということで、みんなでクリーンセンター内にあるキーワードを探しに行きました。

【ごみピット~灰ピット】

まず向かったその先には…、そこの見えないくらい大きな「ゴミ箱」が!じっと見ていると目の前に大きな機械の手が現れてびっくり。

ここは、ごみピットと呼ばれ、この手は一度に約4~5トン(400kg~5000kg)のゴミをつかんでいるそうです。そこのゴミを何度もつかみ、落としてを繰り返し、ゴミをよくほぐして、焼却炉へ運んでいきます。

次は、行く途中に何度も見かけたパッカー車が、どうやってゴミを捨てているかを見学しました。よく見ると、燃えるゴミ(燃やゴミ)と資源ゴミの場所が分かれています。

左手が燃えるゴミ(今日は燃えるゴミの日でした)、右奥が資源ゴミです。

では、燃やされたゴミはどうなるの??
実は、燃やされるとゴミは灰になり(900℃で焼却)、灰ピットと呼ばれる、高さ24mもある箱へ貯留されます。その後、トラックで山科にある埋め立て地に運ばれていきます。

実は、この埋め立て地、このままでは9才の3年生が60才になる50年後には、すべて埋まってしまい、京都には埋め立てするところがなくなってしまうことから、京都市ではごみ対策が急ピッチで進められ、取り組まれているとのことでした。大変です。

しかし、ゴミを燃やすときに、地球を汚してしまうガスやちり(有害物質)がでてしまうため、北部クリーンセンターでは最新のフィルターに加え、竹の炭で空気を「ろか」しているそうです。

そのため、煙突のけむりはご覧のとおり。

-第3部へ続きます-
2015.9.20
京都文教短期大学付属小学校 3年生

 


京都文教短期大学付属小学校
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町50|Tel. 075-752-1411|Fax. 075-771-4848

Copyright© Kyoto Bunkyo Jr.College Elementary School.All rights reserved.