文教タイムズ

学年だより5年

4/13火【図画工作「えのぐスケッチ 大きさを選んでダンボールにかこう」】

【3・4校時 今年度最初の図画工作】

今日は校内で気に入ったものを見つけ。鉛筆などでの下描きはせずに絵の具で直接描くようです。また、画用紙ではなく描きたいものに合わせてちぎったり下地を塗ったりしたダンボールに描くことも児童には新鮮だったようです。

はじめに、先生から内容やめあてを聞き、見当をつけたものを目指して、散らばっていきました。ビオトープをスケッチ場所に選んだ児童が多かったようです。すかさず、先生がアドバイスにやってきました。

幹の形に興味をもって、慎重に筆を動かしている児童もいました。

 

運動場のゴム地の隙間からたくましく咲くたんぽぽをスケッチしている児童もいました。目の付け所がさすがです。

1日降られる覚悟だった雨がこのタイミングでやみ、少し日が差す中でのスケッチに児童も気持ちよさそうでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【5校時 社会「○○山脈、川の名前、覚えよう。」】

授業のはじめに、日本の主な地理の名前が教科書にも出てきます。これを何度も繰り返して覚えることを目指して、今日は地図帳を見ながらワークシートに書き込んでいきました。

「四国にある山地だから四国山地・・・。そのまんまだな。全部こうだといいのに。」というつぶやきも聞こえてきましたが、これからコツコツ取り組んでいきたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【6校時 国語「心情はいかに!?」】

今日は試しに、登場人物の一人「春花さん」の言動から、その心情をみんなで話し合いました。大きく分けると3つの意見が出ましたが、それぞれに微妙なニュアンスの違いがあり、詳しく聞くとそれぞれ感じ方が違ったようです。

また、ウォーミングアップで行っている詩や本文の音読も、どんどんよくなってきました。

 

 


TOPへ