文教タイムズ

学年だより5年

6/21月【晴天のもとで】

【学級活動】

1校時の学活は、先週土曜日の午後に行った「大江山自然教室」の下見の様子を伝えました。

「行ってからの楽しみにとっておいてほしい」という要望もたくさんあったので、下見の際に撮影した写真は見せずに、タブレットのグーグルアースで距離感や山に囲まれている様子、またハイキングの道などを説明しました。
その後、残りの時間を使って、3校時の体育での鉄棒の学習に向けて、タブレットを使って選んだ技を学習カードに記入しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【体育】

今日の鉄棒の学習は、いよいよ「上り技」(5つ)、「回転技」(6つ)、「下り技」(6つ)から1つずつ(回転技は2つでもよい)を組み合わせて、鉄棒に上る→回転する→下りる の連続技にチャレンジしました。

すでにできている技を組み合わせると、あとはなめらかに連続できるよう練習することで、無事クリアとなります。クリアした技は,タブレットにある学習カードに丸印をつけてニッコリです。

活動前半は、できない技を練習する時間、後半はこの連続技を練習する時間としています。
前半は、やはり逆上がりにチャレンジする児童が多いのですが、今日はひとり、逆上がりができるようになり、みんなにお祝いの拍手をもらっていました。暑い中でしたが、最後まで熱心に取り組むことができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【音楽「和音に合わせて旋律づくり」】

「♪星笛」のリコーダー奏からスタートです。上のパートを完璧に!と目標を立てる人、下のパートもチャレンジしようと取り組む人、それぞれの個人練習をしています。
低い音域の指使いや音色が、この曲の高いハードルです。このポイントをクリアして、美しい二重奏に仕上げていきたいです。

後半は、“和音”を使った“旋律づくり”です。
「ドミソ」や「ドファラ」の和音に使う音を頼りに、並び替えやリズム替えを取り入れて、メロディを作っていきます。

4小節の音楽づくりですが、1小節毎にプリントに書いて音を確かめる人、鍵ハモでいろいろに音を選び、作ろうとする人、さまざまな様子が見られました。

次回も、練習は続きます。

 


TOPへ