文教タイムズ

お知らせ

4/26月【政府による京都府への「緊急事態宣言」適用を受けて】

令和3年4月26日

保護者様

京都文教短期大学付属小学校
校 長 藤本 哲也

「緊急事態宣言」の発令に伴う学校教育活動について

 平素は、本校教育活動にご理解とご協力をいただき、深く感謝申し上げます。
 この度、新型コロナウイルス感染症の新規感染者の急激な増加を受け、先週末23日、政府は京都府を含む4都府県に緊急事態宣言を発令しました。期間は令和3年4月25日(日)から5月11日(火)です。こうした状況を踏まえ、今後の学校教育活動につきまして、本校の考え方を皆様にお知らせいたします。

1.京都府における感染拡大の状況について
 京都府内における新規感染者数は、一時期減少傾向にありましたが、3月下旬から急激な増加が続いております。また、変異種の割合が高く、小学生から大学生など若年層への感染が拡大してきている状況です。
 一方で、この間、若年層の感染者の多くは家庭内で感染しており、学校生活を通じて感染している事例は少ない状況にあります。

2.今後の学校教育活動について
 学校を休校することは、単なる学習指導だけに止まらず、生活習慣や精神衛生の面からも、児童の心身への影響が懸念され、また各家庭の就業などのご事情からも社会的な影響が非常に大きいと考えています。また、今回の緊急事態宣言の適用期間については、4月25日から5月11日までの17日間となっており、そのほとんどがGWと重なっていることから、児童が学校へ登校する日が少ない状況です。
 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、不安を感じておられることと思いますが、こうした状況や学校内活動で児童が感染していない現状等を総合的に判断し、現時点においては、学校行事の中止や変更はありますが、休校措置は行わないことといたしましたので、ご理解をいただきますようお願いいたします。
 今後、児童や教職員の感染が拡大したり、地域でクラスターが発生するなど、子ども達への感染リスクの高まりが懸念される場合には、休校措置を含め、速やかな対応を行ってまいります。

3.保護者の皆様へ
 各ご家庭におかれましても、感染防止の取組とともに、お子様の心身の健康状態を見守り、学習や生活習慣の維持にご協力をいただきますよう、お願いいたします。お子様の心身の状況などでご不安なことがある場合には、カウンセリングなど必要な対応を行いますので、学校にご相談いただきますようお願いいたします。また、感染者や濃厚接触者、医療従事者、そのご家族等に対する偏見、差別、いじめ、SNS等による誹謗中傷等は絶対に行わないよう、ご家庭におきましても、ご配慮いただくようお願いいたします。
 新型コロナウイルス感染症が一日も早く収束を迎え、平穏な学校生活が戻ることを何よりも願い、本校においては、学園本部とも連携を図りながら、様々な状況の変化に柔軟に対応し、安全性確保と子ども達の学びの保障や心身の健康に向けた取組を進めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

4.学校行事の変更について
 今回の緊急事態宣言の発令を受けて、以下の学校行事を【延期】または【中止】に変更いたします。
①.4月28日(水)「ウキウキウォーキング」【延期】 *時期は未定です。
*平常通り、制服・ランドセル・文教バッグでの登校とします。また、6校時は「代表委員会」を予定していましたが、通常の「委員会活動」に変更します。2・3・4年生の学級代表さんはクラスのみんなと一緒に下校します。該当児童の保護者の皆様、ご了承ください。
②.5月8日(土)「GOGOランド」【中止】 *児童募集イベント。土曜休校日です。
③.5月12日(水)「知恩院参拝」【中止】 *通常の礼拝を行います。
④.5月15日(土)「全校授業参観」【中止】 *この日は【土曜休校日】といたします。

**********************

(資料)本校版「新型コロナウイルス感染症対策フローチャート2021」 pdf

(参考資料)京都府「京都府における緊急事態措置」(4月23日発表) pdf

(参考資料)発熱症状などのある方の【相談・受診・検査】の流れ pdf

【新型コロナ感染症対策に係る参考HP】

(参考資料)京都府「新型コロナウイルス感染症に関連する情報」

(参考資料)文部科学省「新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について」

(参考資料)厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」

 


TOPへ