文教タイムズ

お知らせ

2/25金【音楽「月影夢・二組揃う!」・Talking about remembering all…】

【English】

The sixth grade students will go to Nagoya next week for the school trip. This will be their last school trip. Everyone is excited!
Today in class, we talked about remembering all of the activities and adventures they have participated in while going to Bunkyo Elementary School.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【音楽「月影夢・二組揃う!」】

今日の月影・夢は、“互いの演奏を見合う”時間を過ごしました。これまで、教室と音楽室に分かれて、タイヤと太鼓の練習を重ねてきました。
「龍神太鼓」と「嵐山太鼓」の二組が揃う時間です。

「嵐山太鼓」組が打っているところに、「龍神太鼓」組が入ってきてくれました。
周りから、熱い眼差しをおくってくれるので、「見られてる!」という緊張感が、一打の音をよりクリアにしてくれます。

AとBが違うリズムを打ち合う場面は、龍神太鼓にはない点です。見ているみんなも、集中している様子が伝わりました。

次は「龍神太鼓」組です。
1つの太鼓に向き合うのは1人。「タンタカ/タンタカ」のリズムは“締太鼓”がリードします。そこを、順々に替わり合って打ち込むのが、龍神太鼓です。

始まりはゆっくりとした“拍”が、淡々とキープされています。一人一人の打ち姿に気合いが入っていて、見ている側の嵐山太鼓メンバーにとって、素晴らしいお手本に感じました。

徐々にテンポが上がり、太鼓に向かう時間が短く刻まれていきます。

それでも、龍神太鼓メンバーの打ち姿は凜々しいままです。これまでリズム合わせだけではなく、打ち姿や目線にも力を入れて練習してきたことが、よく分かりました。

こうして、お互いの演目を見合うことで、“高め合い”の気持ちが生まれることを願った時間でした。

さあ、来週は一度きりの練習タイム。和太鼓を体育館に移動させ、フロアでの練習を控えています。みんなで創る“夢=和太鼓演奏”を目指しましょう。

 


TOPへ