文教タイムズ

学年だより2年

3/14水【春色!春満開!】

先週の春見つけの時とは、大違いの暖かさが続きます。
暑いくらいの…。
みんなの予想通り、ビオトープの「オウトウ」が見事に満開の姿を見せてくれました。

先週、真っ先に知らせてくれた友達もびっくり!
びっくりは、さらに続いて・・・

何と「川にツクシが生えています~」と情報が入ったのです。
その周りには「スギナ」に生長した様子も発見!
水の中でも育つのだと、この目で見て知りました。
すかさず、ものさしを差し出す男子1名!
「高さは、5cmです!」と報告を受けました。
ほかにも・・・

たんぽぽの赤ちゃんに思える茎が小さく見えたり、ダンゴムシの赤ちゃんからギザギザが見えていたり…
この暖かさで、植物も小さな生き物たちも活動を始めているようです。
そこへ・・・

「タニシが動いている!」と新たな情報が届きました。
ようく見ると、2本の触覚のようなものを出して、ゆっくりと川底を歩いていました。

ビオトープの隅っこと看板を行き来して「オランダガラシ(クレソン)」が生き生きと葉を広げていることを教えてくれました。
こうして、みんなで知らせ合い、情報交換し合って春を探す時間は、あっという間に過ぎていきます。
ビオトープは今、春色・春満開です!
背中を丸くしていた冬は、もう遠くのことのように感じますね。

月影の時間に、学校生活をふりかえる学習をしていたときのこと。
『すきな場所』の欄に、“ビオトープ”と記してくれた子が多かったです。
卒業を迎える6年生のみなさんの思い出の場所はどこかな?


TOPへ