文教タイムズ

文教トピックス

2/7水【放送礼拝・給食・保健室だより】

【放送礼拝】

前回の礼拝は、鼻血を出している低学年の子どもに寄り添って、手当てをしてあげる二人の子ども達の話でした。
(実際に校長が駅構内で見た子ども達です。)
今回のお話は、それを思い出しながら、「よいことをしようと思う前に、さっとよいことをする」というテーマです。
松尾芭蕉の俳句も例にあげながら「できるだけよい形を体に覚えこませる」と話されました。
実際に行動に移すのは、大人でも難しい時があります。
放送礼拝を聞きながら、そのような境地まで人格を高めたいものだと感じました。
さぁ、一日の始まりです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【給食】
今日の献立は「とりひき肉のコンベクション焼き、ポテト、白菜のスープ」でした。
スープには、白菜、人参、玉ねぎ、しめじが入っていて、とりがらでとったスープに、野菜のうまみがとけこんだ栄養満点のスープです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【保健室だより】
保健室です。
最近、目が痒い、くしゃみがでる、などの声をちらほらと聞くようになりました。
そろそろ花粉症シーズンの到来です。
お医者さんに行ってお薬をもらうことも大切ですが、自分でできる対策をすることも大切です。
・マスクや花粉用眼鏡をする
・花粉がつきにくい衣服をきる
・家に帰ったらうがい、手洗い、洗顔をする などなど…
花粉症の人は、対策をしっかりとして、この季節をのりきりましょう!


TOPへ