文教タイムズ

文教トピックス

3/16金【卒業式】

本日3月16日は、卒業式。
6年生が本校を巣立つ日です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
卒業式が始まりました。

式の様子です。
卒業証書や門主賞、皆勤・精勤賞が授与されました。

校長先生の祝辞。
「一隅を照らす」をテーマに、大自然の環境、とりわけ身近な草花の世界を例にあげてのお話でした。
「世の中のおかげで育てられた私達、どうか一隅を照らす人となってほしい。」
「(本学園校訓の)謙虚に、誠実に、親切に生きる人になってほしい。」という願いを込めたメッセージを頂きました。

子ども達の別れの言葉や歌に、6年間の成長を感じます。

立派に式を終え、退場する6年生。

教室に戻った6年生。
髙石先生からのメッセージの後、阿弥陀様に、小学校生活最後の同称十念をしました。
「見守って下さって、ありがとうございました・・・」

「さようなら先生、さようなら友達・・・」
6年生の新たな門出です。
どうか、あらゆる人に心をかけられる、一隅を照らすことのできる透き通った心を持って下さい!

こちらは、在校生からの「ありがとうメッセージ」です。
温かな雰囲気で、卒業をお祝いしました。

またいつか、本校に訪ねて来てください。
いつまでも、お元気で!


TOPへ