文教タイムズ

学年だより2年

11/7火【文教てつどう、着々と…】

“タコ足土台”と名付けた、トイレットペーパーの芯に切り込みを入れた“技”!
その技術を駆使した(!?)作品が、あちらでもこちらでも発展し続けています。
スクリーンでは、“土台”のはずが、鉄道が通る町並みの樹木に変身したところを紹介してもらうと・・・

目の前のテーブルには、「塔」や「電柱」、「上下する仕掛けタワー」と立体作品が並ぶ街作りが広がっていました。

ほかにも、紙テープを使ったトンネルや電線、方眼入りの工作用紙を生かしたお城やビル、三角錐の屋根など、2年キッズの発想があふれています。
画面をボンドで付けるのに苦労する時は、洗濯ばさみを利用して見事に立たせることができました。

はじめの段階で作った電車・列車を登場させ、「文教てつどう」が走る街作りは続きます!


TOPへ