文教タイムズ

学年だより2年

10/20火【元気に活動 2年生!】

【朝根っこマラソン】

朝根っこタイムは、マラソンです。冷たい気温の中、一人ひとりが目標を決めて走りました。友達と全力疾走です。

みんなで楽しい時間にできました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【国語「ディベートゲーム」】

いよいよ、ディベートゲームです。
肯定側:Aチーム 否定側:Bチーム 審判:Cチーム
論題は『夏と冬、楽しめるのは夏だ。』です。

最初のディベートゲームということで、肯定側・否定側に分かれ、立論の前に打ち合わせを行い、スタートしました。

肯定側・否定側の立論です。

立論では、どうして(夏・冬)の方が楽しいのか理由を言います。言い切った後は、相手側へ質問や指摘を行います。これを反対尋問と表しています。

その後、一度、作戦タイムに入ります。

そこでは、反駁(相手の質問や指摘に対して言い返しができる)時の準備をします。相手の質問や指摘を予想し、どのように言い返すかを考えます。

反駁が始まりました。先ほど質問されたことに対して、自分の意見で反論する時間です。相手の話を聞いて理解した上で、伝えることが大切でした。

両側の反駁が終われば、審判さんからコメントをもらいます。よかったところ・おしいところを発言してくれます。そして、判定へ。結果は、肯定側の勝ちでした。

勝負の結果を左右する審判チームも重要な役割です。肯定側・否定側の光る発言を見つけるためによく話を聞き、メモをとる必要があります。

明日も、役割を変えてディベートゲームを行います。反駁でもっとダイレクトに突き刺さるように練習を重ねていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【図画工作「まどからこんにちは」】

5・6校時の図画工作では「まどからこんにちは」の学習です。慣れないカッターナイフを使って、思いついた形や開き方をする窓をたくさん切り開いていきます。

形にこだわりすぎると、多くの窓を開ける時間がなくなってしまうし、真四角ばかりじゃおもしろくないという意見が多く出ました。そこで、まずは四角で慣れてきたら形にこだわる、という計画で落ち着きました。

結果的には、いろいろな窓がたくさん開きましたが、どうしてもこわい気持ちなどから、あまり進まなかった児童も少なからずいます。
来週は窓の中をつくる児童と、窓を開ける児童に分かれて活動する予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【English [Congratulations!]】

Today at school we handed out certificates to students for their hard work during Bunkyo English week 2020.

The students went around the school and wrote lists of the names of places rooms and things around the school. Congratulations to the students who received thier certificates!

 


TOPへ