文教タイムズ

学年だより3年

9/30水【重さを正確に量って】

【放送礼拝】

今朝も過ごしやすい涼しい朝となりました。3年生は登校したら、算数プリントや漢字プリントの直しからスタートします。そして、放送礼拝が始まりました。

動物園の絵画コンクールの表彰があり、3年生のお友達が二人披露されました!おめでとうございます。よかったですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【月かげの学習】

「月かげ」の学習では、「命(ぬち)どぅ宝」の学習をしました。

「命より大事なものはない」という意味の沖縄の言葉です。沖縄戦について当時の様子を知り、20万人もの方がなくなるなど、戦争のむごさと悲惨さも知りました。命の大切について自分の今までの経験からも考え、最後にノートに感想をまとめました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数「重さを正確に量って」】

「㎏」の書き方、はかりを読み取って「㎏」の単位で表すことを学習した後、実際にはかりで重さを量りました。

重さによって、はかりを使い分けながら正確に読み取っていきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【図画工作】

3・4校時の図画工作は、今週も「ひらいて広がるふしぎなせかい」の続きです。
やはりこの学習では描く面が大きくなるためか、いつもより時間が必要な児童が多いようです。
少し長く取り組む学習となりましたが、意欲的にがんばっています。このお花畑の扉を開けると、どんな世界があるのでしょうか・・・

虹が見える窓を開けると、広がる世界を考えた児童もいます。

同じ窓でも、この児童ははじめ、近所の家が見えている窓と想定していました。

しかし、それなら窓枠を描いた方が窓から見た景色のようになることに気付き、このようになりました。

また、学校の校舎が開くと、カラフルな遊園地にした児童もいました。学校の向こうが、遊園地というアイデアもおもしろいです。「そうだったら、どんなにいいだろう!」という気持ちでしょうか。

 


TOPへ