文教タイムズ

学年だより4年

10/7水【球技大会にむけて、心をひとつに】

【放送礼拝】

水曜日の朝は、姿勢を正して放送礼拝からスタートです。今日の放送礼拝は「あたりまえにありがとう」というお話がありました。世界には、衣食住に困っている人もたくさんいます。社会科や国語科で学んだ海外の暮らしの様子を思い浮かべながら、私達はいろいろな人たちの「おかげ」で不自由のない暮らしができているありがたさについて、クラスの中でもう一度考え直しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【月かげ】

月かげの授業は、「十六番目の選手」というお話を読みました。日本代表女子ソフトボールチームが、北京オリンピックで金メダルを獲得した時、ケガで代表選手を外れてしまった内藤選手のお話でした。同じグラウンドで戦っていなくとも、同じチームの一員として心を一つにできたのはどうしてだったのだろうということを、みんなで話し合い、「良いチーム」とはどんなチームなのかについてを考えました。この授業で学んだことを生かして、球技大会でもそれぞれが活躍してほしいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【体育】

体育は、球技大会にむけて「キックベース」の練習を続けています。チームに分かれて、蹴る練習や、キャッチの練習など、それぞれが教え合ってチームの力も上がってきました。

試合では、作戦や練習を生かして、全員で全力プレーです。まだ練習ではありますが、反省するところもたくさんあるようで、体育が終わってからも、熱心にチームで話し合う姿がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【昼休み】

休み時間は、チーム毎にポスター作りを進めています。イラストなど、オリジナルのデザインを考えて、それぞれ工夫したポスターになりそうです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

今日の算数は、いよいよ「式と計算の順じょ」の単元確認テストを行いました。これまで、さまざまな演習を通して、自分の出来ていないところをしっかり確認してきました。式の順じょのきまりに気をつけて、真剣に解答しています。

 


TOPへ