文教タイムズ

学年だより5年

7/16木【音楽「低音のひびき」】

【音楽「低音のひびき」】

「♪茶色の小びん」のメロディにぴったりな“低音のひびき”を奏でようと、木琴・鉄琴を使って練習しました。

密にならないように、人数を振り分けるので、待っているみんなはリコーダーの練習をします。

また、鍵盤の確認のため“高音”を担当する楽器も使っていることを伝えました。

これは、“バス木琴”です。太く長い筒がその証!見事、この楽器が“低音の響きを持つ”と言い当ててくれた彼に、打ってもらいました。メロディを口ずさむと…「おお~よく合ってる」と、拍手をもらいました。

音楽室には、もう1台、“低音”をになってくれる“マリンバ”が存在します。“マレット”を替えて打つと、さらに音色も柔らかくなりました。

最後は、列ごとに代わり合い、「エアリコーダー」(指のみでドレミの歌声)と共に“低音”と合わせました。四分音符で階段のように進行していく“低音伴奏”が加わると、「♪茶色の小びん」が一層軽快な音楽に変化していくようでした。

 


TOPへ