文教タイムズ

学年だより6年

11/16火【狂言『柿山伏』】

【朝根っこタイム】

朝根っこタイムは、今日の漢字大会の小テストを実施。

小テストは、漢字大会1回分・10問を5問ずつに分けて行っています。

これを2回くり返し、週末の漢字大会に臨みます。
宿題の練習でしっかり準備をして、この小テストに向かうと満点間違いなしです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【English】

Today at school, students were practicing for a speaking test. We will use the iPads to record audio and video of students speaking and answering question for the test. This is a new and exciting way we can use iPads for taking tests and studying English. Good luck to everyone on the upcoming speaking test!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【国語】

国語の時間は「漢字学習の秘伝」に載っている教科書の問題を解いた後、狂言「柿山伏」の学習に入りました。
室町時代から始まった伝統芸能。CDから流れる「柿山伏」を聞きながら、教科書の文章をたどっていきます。古典なので難しい言葉がありますが、音声と文字で、その内容を理解できたのではと思います。

狂言は室町時代の「喜劇」で、風刺のきいた面白いお話です。「柿山伏」を聞いている6年生から笑い声が聞かれ、話の面白さを理解していることが分かりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

算数の習熟クラスは、文教中学校の過去問の直し。
正答率が上げってきたので、計算直しなどをする数が少なくなりました。それより分からない問題の解説に時間を費やすようになっています。発展クラスは、総合問題のプリントに向かい、自力で解こうと頑張っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【社会】

社会は、江戸時代末期の学習。
新しい世の中にしようと努力した人を紹介して、関心を持った人物をインターネットや資料集で調べました。

 


TOPへ