文教タイムズ

学年だより6年

11/25木【『日本文化を発信しよう』プレゼン②】

【国語】

国語は「日本文化を発信しよう」のプレゼンテーションを一人ずつ実施しています。

国語の前半に漢字テストを行ったので、今日は4人のメンバーの発表しかできませんでした。

月曜日のプレゼンを受けて今日の発表があったので、少しレベルアップした内容になっていたのではないかと感じました。

まず、タブレットに記録した発表原稿に頼らずに伝えることが増えたこと。原稿を見ないで伝えることで、自分が興味を持った日本文化の魅力を、より力強く発信しているように思います。

また、ポスターで工夫したところ、自分が発信している日本文化の魅力、この2点を伝えていますが、今日のプレゼンでは伝える内容が精選されて、より分かりやすく伝えられていたと感じました。

今日から自分でタブレットを操作して、提示する画像を示すことに変えています。自分のタイミングで出したい資料を提示することができるからです。ただ発表することに集中しすぎて、せっかく準備した画像を提示しないまま、プレゼンを終えることもありました。

後半に発表する人は、仲間のプレゼンを見ることで、自分の内容を再度修正できるはずです。

次回のプレゼンは、来週に実施する予定です。さらにレベルアップした楽しいプレゼンテーションを期待しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【音楽「♪LOVEのパート練習」】

「♪明日を信じて」の二部合唱が形になってきました。

優しい歌声が一つになる所から、分かれていく音の重なりがとっても素敵です。
マスク越しではありますが、みんなの歌声がまとまっていくように学習を高めていきたいです。

このあと、jazzの名曲「L/O/V/E」を歌う、“ナットキングコール”のYou-Tube動画を視聴しました。「“スウィングして”この曲を練習しよう」と、教室へ向かいました。

今日は、鍵盤ハーモニカで伴奏部分を練習しました。前の時間に、リコーダー奏でメロディ部分を練習していたので、この伴奏パートとマッチすることが実感できました。

パート練習の後は、全体で合わせてみることに…
リコーダーパートにも鍵ハモパートにも、「ソ♯」や「ファ♯」が使われています。そこをクリアして、いい感じの合奏に近づいています。

明日は、最後の4小節まで進みましょう。今度は「♭」が出てくるのです…

 


TOPへ