文教タイムズ

文教トピックス

10/23金【現地学習につながる機会に(海プロ2020)・給食・保健室だより】

【現地学習につながる機会に】

日本財団主催『海と日本プロジェクトin京都2020』の現地学習として、来週31日(土)に京都府宮津市海洋高校に出かけます。4,5,6年生の有志16名の参加を募り、KBS京都さんのご協力を受けての実施です。夏休みの1泊2日の予定が、この秋・日帰りの企画となりました。

そこで、すこしでも現地の学習を充実させるため、本日、「事前学習会」を開く運びとなりました。宮津市の京都府水産事務所より、ゲストティーチャー・工藤さんをお迎えし、興味深い画像と共に、念入りな学習を展開していただきました。

メンバーのみんなは、KBS京都さんが用意してくださった“取材ノート”を開き、熱心に聞き取りを進めていました。昨年度の“海プロメンバー”(現6年生)が体験した牡蠣養殖の写真や貝養殖の話題が登場し、牡蠣が付いていたロープを掃除したこと、稚貝を触り、稚魚を放流したことなどを思い出す場面もありました。

さあ、いよいよ来週に迫りました。体調を整えて、京都府北部へ学習に行って参ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【給食】

◆今日の献立
・牛乳
・ごはん
・ささみのカレー粉揚げ
・もやしのソテー
・レタスの卵スープ

レタス、卵、玉ねぎ、コーンを組み合わせたスープでした。レタスは火を通しても、シャキシャキとした食感が残っていました。今日使ったレタスは、水分が多く栄養価が低いといわれていますが、加熱してかさを減らし、たくさん食べることで、食物繊維をしっかりとることができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【保健室だより】

先日、保健安全委員会のメンバーに、ハンドソープ容器をきれいにしてもらいました。みんなが毎日使う物なので、定期的に綺麗にしています。

今年は、ハンドソープの減りがとても早いです。皆さん一生懸命、毎日手洗いを頑張ってくれているからですね。

冬は、コロナだけでなく、インフルエンザなどの感染症がはやる季節です。毎日の手洗いを、これからも文教キッズみんなで頑張っていきましょう!

 


TOPへ