文教タイムズ

学年だより2年

2/25木【陰徳を積む】

【朝の会】

『陰徳を積む』という言葉を子どもたちに話しました。

これは、人に知られることなく、良い行いを重ねることを意味します。
いいことをすれば、巡り巡って自分にいいことが起こるということにも例えられます。

子どもたち一人ひとりが日々の日常生活の中で、「こうすれば誰かが助かる」「この行動で誰かが喜ぶ」などの考えを持って、明るく笑顔で生活してほしいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【体育】

集団行動の様子です。『短い時間で集中する』をめあてに取り組んでいます。

ありがとうの会で6年生に発表できるように、仕上げていきたいと思います。

後半は、サッカーです。

男子と女子に分かれて、ゲームをしました。

積極的に動いてボールを追いかけています。

ボールばかり追いかけるのではなくて、ボールが転がってくるところを予測して、プレーすることが一つのポイントでした。

 


TOPへ