文教タイムズ

学年だより6年

11/10水【ジレンマ学習】

【朝根っこタイム(漢字 小テスト)】

朝根っこタイムには、週末の漢字大会に向けて小テストを実施しています。
1回目の小テストは、誤答が多く見られました。テストはもう返却済みです。自分の間違った漢字を直して、明日からの小テストを満点目指して取り組むことで、週末の大会につながると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【月かげの時間(ジレンマ学習)】

月かげの時間は「ジレンマ学習」に取り組みました。

主人公の心の葛藤を理解し、主人公になったつもりで、どう判断すべきか考える学習です。

今回の教材は「サッカー大会」。
大切なサッカー大会に臨んでいる主人公・健一はキャプテンで、その親友・勇二とは名コンビ。しかし、前日に勇二が足を痛めて、大会本番のプレーに精彩を欠いています。

健一はハーフタイムに監督に呼ばれて、勇二の足のことを聞かれます。勇二と一緒に最後まで励まし合ってサッカーをしていた健一は、監督に勇二のケガのことを言うか言わないかを迷います。

6年生みんなの「言うか言わないか」の判断は、半分半分でした。健一がキャプテンであること、勇二は親友でいつも一緒にプレーしてきたことなど、主人公の置かれている立場を考えて判断していました。

次の時間では、みんなの考えを共有して、最終的な判断を考えていく予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【国語】

国語は「日本文化を発信しよう」のポスター作りに取り組んでいます。

提示する資料やポスターのレイアウト、文章表現の工夫などを考えて、自分が関心を持った日本文化の魅力を伝えようと頑張っています。

今日も黙々と作業を進める姿が見られました。

 


TOPへ