文教タイムズ

学年だより4年

9/6水【「月影」一事に専念する】

「礼拝」

今朝の礼拝は「精進」についてお話を聞いた後、人のために働くことについて考えました。
私欲にとらわれず、どんな仕事もいやがることなく働く牛、カショウ。
ある国から岩運びの仕事の依頼を受けたことをきっかけに、これまで働いていた理由を考えます。
その中で、数え切れない恵みをいただいて自分が生かされてきたことに気付き、その恵みに対してよろこびをお返しすることが、カショウにとって働くこと(精進すること)そのものだったんだ、とふり返りの中で確認しました。
では、4年生にとって「精進する姿」とはどういう姿なのか。
「努力する、こつこつと成し遂げる、まじめに取り組み続ける、人のためにがんばる……」など多くの姿が出されました。
自分のすべきことに気付き、そのことに専念する中で、カショウのように自分自身と向き合い、自分自身を見つめ、自分自身を高める自分を目指そうとできる集団でありたいなと思います。

「ゴーヤ」

昨日収穫したツルレイシ(ゴーヤ)が、給食に登場!!
しっかりした苦みが、コンソメ味のスープと相性ばっちり。
おいしくいただきました。

その後は、いただいた恵みでしっかり学習&運動!


TOPへ